playlist : nozacs

"なぜAKBが売れてあなたの音楽が売れないのかというと、皆忙しくてあなたの音楽に辿り着くまでの時間や労力、関心といったコストを払えないからです。AKBはそのコストをほぼ0にするために莫大なマーケティング費用を払っています。「真っ当な音楽を作ればリスナーがコストを払う」など傲慢です。"

Twitter / kuninakamasaki (via shingi)

2012-06-07

(via mmtki)

いい音楽なら喜んで金払うけど、そもそもそれに出会うルートやマッチングがないのよね的な話。

(via kotoripiyopiyo)

(via kotoripiyopiyo)

— 17 minutes ago with 2501 notes
"I am homesick for a place I am not sure even exists. One where my heart is full. My body loved. And my soul understood."
— 45 minutes ago with 156492 notes
"「正常」を知らない者に「異常」は発見できない"
— 1 hour ago with 21 notes
"通りすがり

実は研ぎ師なんですけど、砥石について書いておくね。
実は、欧米で主な砥石は「オイルストーン」つまり、油付けて研ぐんだわ

 で、日本の「砥石」ってのは水で研ぐ。
砥石は(水でもオイルでも)2種類になる。「人造砥石」と「天然砥石」
字のごとく人工的に作ったものか、天然物かの違い。ホームセンター等で見る石の9割が人造砥石。高くても1万円くらい。

 ここの「削ろう会」に関係してる砥石屋さんは京都の「砥取家(ととりや)」さんだろう。800年の老舗。
で、天然砥石ってのは「カンブリア紀の微生物の死骸がミッドウェー付近から地殻変動で京都だけに出てきた」から地球上で砥石は京都しか取れない。

値段なんですが、天然砥石だと安くて3万。プロが使う消耗品で30万。ヤバい頭の人が数百万。「本当に実在する一級品」で1500~3000万ってところ。
関・堺 や京都など「刃物が多い街」ならまず本物の研ぎ師さんが存在するから値段聞いてみるといいよ。
30万円~100万円くらいの「比較的安物」なら触らせてくれるかもよ~

最後に1級ブランド名書いておくよ
「鳴瀧(なるたき)」「内曇(うちぐもり)」「マルカ」「カラス」「蓮華(れんげ)」
この辺りが30万オーバーのが多い。普通の人が想像しているより「以外な触り心地」がするぞ☆

なお、高ければ良いって世界じゃないのが砥石の凄いところで、「1番研げる石は自分と相性がいい石」だから人によっては100万円の石でもマトモに研げないなんてのも多い。

「値段でもなく、技術でもなく、『相性』が1番重要」って面白い話

"
— 1 hour ago with 2357 notes
"I would like my life to be a statement of love and compassion—and where it isn’t, that’s where my work lies."

Ram Dass

(via shaktilover)

(via thesensualstarfish)

— 2 hours ago with 1176 notes
"日本酒が世界に誇れるのは氷点下から50度まで、あらゆる温度帯で楽しめること。"
— 2 hours ago with 563 notes
"メディアの観点から考えても、この「ブラック企業」というネーミングはすごく使いやすいんですね。「違法企業」と名指ししているわけではないので企業から訴えられることもない一方で、限りなく「黒い」イメージを与えられる。かなりマーケティングセンスのある人が作った言葉だと思います。"
— 3 hours ago with 79 notes
"It is difficult to bring people to goodness with lessons, but it is easy to do so by example."
Seneca (via lazyyogi)
— 14 hours ago with 449 notes
"日本酒が世界に誇れるのは氷点下から50度まで、あらゆる温度帯で楽しめること。"
— 14 hours ago with 563 notes